学習室の活用について

朝夕は、少しずつ涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑い日が続いていますね。
9月は、消毒や感染予防対策をしっかりと行いながら、自然に触れ子ども達と様々な発見を楽しめたらいいなあと思っています。
さて、園だよりでも紹介した学習室ですが、ワーク学習を中心に今後は主にひらがなや数字、線のお稽古などの個人レッスンの場として活用します。
これからも、子ども達の可能性を引き出せるように、環境づくりに取り組んでいきたいと思います。

「青山すみれ保育園の目標:楽しんで取り組む」

3歳児・・・図書室を活用し、多くの絵本等に親しむ事で、視覚から文字への興味を育んでいきます。

例:色の名前を憶える、数に触れる環境を作る、文字が読める(ひらがな)

4歳児・・・静かな学習環境の中で、図書室の図鑑や絵本で知識を深め、充実した時間を過ごしながら一人ひとりの学習能力の向上を目指します。

例:文字が読める(ひらがな・カタカナ)、鉛筆を用いて字を書くことに慣れていく

5歳児・・・小学校からの学習が充実したものとなるように、そのための基本的な国語・算数への理解を深めていきます。

例:縦線・横線→カタカナ→ひらがな→書写、数字→徐々に足し算の基礎へ

20200929001 20200929002

学習室

20200929003

図書室